昨晩(2020年7月30日)、李登輝・元総統が入院先の台北榮民総医院で亡くなられた。まずは深く哀悼の意を表したい。1923年生まれだから、97歳。その前日からネット上で「死去したのではないか」という噂が出回っていたが、台湾團結聯盟が声明を出して否定するという一幕もあった。おそらく容体の急変で病院周辺が慌ただしい様子を見せたことからそのような情報が出てきたのだろう。30日の午前中には蔡英文・総統、頼清徳・副総統、蘇貞昌・行政院長らが急遽、日程をキャンセルして李登輝のお見舞いに訪れており、やはり切迫した状態だったことが分かる。


  李登輝の訃報が伝わると、台湾の内外を問わず、様々な反応があった。海外の英語メディアの第一報をいくつか見ていたら、Mr. Democracy(中文訳では「民主先生」)という呼称が決まり文句のように見出しに使われている。比較政治の観点から言えば、李登輝の一番の功績はやはり民主化である。従って、海外メディアがMr. Democracyとして報ずるのは当然だろう。


  台湾内では、政治的立場を問わず、民主化への貢献がやはり強調されている。ただし、藍系の反応は分かれている。国民党でも生粋の本土派である王金平・元立法院長は李登輝の功績を讃えるコメントを出した。江啓臣・国民党主席、馬英九・前総統なども李登輝の民主化への貢献を讃える一方、それぞれ「国民党員には複雑な思いがある」、「総統退任後に価値観が大きく変わってしまった」といった受け止め方も示している。藍系の急進派では「黒金」問題を指摘したり、「恭喜恭喜」「終於死了」といったひどいコメントを出す人も見られた。台湾内の文脈では、民主化は同時に台湾化をも推し進めたから、統一派からの受けはひどく悪い。


  中国の反応は分からないが、ネット上を見ていると、簡体字で李登輝を罵倒する書き込みが見られるから、一般レベルでも好感は持たれていないのだろう。


  台湾以外で反応が一番大きかったのは間違いなく日本である。日本の報道でも民主化の功績がきちんと伝えられているが、同時に「親日家」と必ず付け加えられるのが目立つ。ここには台湾と日本との特殊な関係が見えてくると言えようか。ただ、台湾社会でも李登輝と日本イメージとを結び付ける傾向はやはり強い。1990年代の政局を題材としたドラマをいくつか観たが、李登輝を表現するのに必ず日本的な意匠が用いられていた(例えば、剣道するシーンを入れるとか)。


  しかしながら、李登輝という人物は実に多面的な顔を持っている。その複雑なあり様にこそ彼という人物の面白さがあるし、言い換えると「台湾」を体現しているとすら思う。親日イメージだけに狭めて分かったつもりになってしまうのは勿体ない。


  私としては、李登輝が国民党内部の権力闘争を勝ち抜いていった狸親父ぶりにこそ興味が引かれる。民主化という大きな政治的理想を目標として見定め、その実現のためには手段を選ばなかった。彼は理想を抱懐する一方、リアリストでもあり、現実の政局に対処するにあたってマキャベリストとして行動した。


  蒋経国は最晩年になって、後継体制として党務は李煥、政務は俞國華、軍務は郝柏村という形で集団指導体制を準備していた。蒋経国の死後、総統に昇格した李登輝は、こうした布陣の中から自らの権力を掌握する必要に迫られた。彼はまず李煥と組んで党内を固めた後、李煥を行政院長に配して、俞國華を追い落とす。党務には腹心の宋楚瑜を抜擢した。次に、郝柏村に軍籍離脱させた上で行政院長に据え、李煥を失脚させた。最後に、郝柏村が軍部のかつての部下と頻繁に接触していることを越権行為として指弾して辞任を迫る。こうして李登輝は個別撃破で党務・政務・軍務のすべてを掌握し、蒋経国の次なる「強人」(ストロング・マン)となった。なお、李登輝のために働いた宋楚瑜はその後、はしごを外され、離れていく。


  李登輝はこうした権力闘争を勝ち抜くにあたって、日本の武士道から学んだ気合が役に立ったという趣旨の発言をしているが、それだけではあるまい。李登輝は国民党中央のどす黒い宮廷政治的カルチャーにも馴染み、熟知していたからこそ戦略を立てることができた。台湾の民主化は蒋経国の決断があったからこそ始動されたものだが、李登輝が最高権力を掌握しなければ後退した可能性も高い。その点で、李登輝が権力闘争に勝利したことは極めて大きな意味を持つ。


  李登輝が民主化を進めるにあたって野党・民進党とコミュニケーションを取っていた意義も大きいだろう。国是会議に民進党も取り込み、事案によっては国民党内の反対を抑え込むために民進党の協力を得て立法院で多数派を形成したりもした。そうでなければ「上からの民主化」という無血革命は難しかった。今でこそ李登輝は「緑」のゴッドファーザーみたいなポジションにあるから民進党と仲良くしても不思議には思われないだろうが、当時は現職の中華民国総統で国民党主席であったわけで、そんな立場の人物が野党と公然と連携するというのは、あの時代環境の中では異例のことであった。ただ、その後、反対派とコミュケーションをとって調整するのは台湾政治では重要な手法となり、例えば2014年にひまわり学生運動が立法院を占拠したとき、当時の王金平・立法院長が学生代表と話し合って落としどころを探ったことも記憶に新しい。


  なお、李登輝は対中関係でも中国側とパイプがあったと言われる。初の総統直接選挙で中国側がミサイル演習を行うことも事前に知っていた、ということも何かで読んだ気がする。あくまでも威嚇だと分かっていたから、彼は冷静に対処できた。いずれにせよ、李登輝は様々なチャネルを使いこなしながら難局の処理にあたっていた。


  李登輝は様々な成分から構成されている。日本でよく指摘されるように日本教育、とりわけいわゆる旧制高校文化の影響もあるだろうが、同時に上述したように国民党中央の宮廷政治的文化も身につけていた。青年時代には日本語書籍を通じてマルクス主義に触れたし(中国側から「李登輝は元共産党員だから話ができる」と当初は思われていたという話もある)、アメリカ留学体験もある。またクリスチャンでもあり、戒厳令解除前、蒋経国の指示でキリスト教人脈を通じて民主派とチャネルを構築したとも言われる。何よりも彼は台湾人だが、閩南化した客家人という背景も彼の精神形成上で何らかの影響があったかもしれない。


  李登輝は忠実な国民党員として政治的キャリアを出発させ、蒋経国の信頼を得た。総統在任中は「中華民国在台湾」路線を進め、退任後は台湾独立を主張するようになる。彼の対中関係や台湾の地位をめぐる言説は徐々に変化していった。それでは、彼はいつから台湾独立を目指すようになったのだろうか? 国民党員だった頃から実は独立志向で本心を隠していたのだろうか? 李登輝は国民党から破門されたが、蒋経国をずっと敬愛していたとも言われる。台北の北郊・三芝にある李登輝故居「源興居」には、李登輝と蒋経国とが並んで描かれた掛け軸がある。彼の蒋経国への思いはポーズに過ぎなかったのか? それとも本当に尊敬していたのか? そのあたりもよく分からない。マキャベリストたる李登輝は、その場その場で語る言葉がみな戦略的で、なかなか「本心」が見えてこない。実際のところ、李登輝にはいまだに謎が多い。


  李登輝は日本語でも何冊か本を出しているが、あれらを読んでも、必ずしも彼の人物を理解できるとは限らない。あくまでも日本人が読むという前提で語られているはずだから、鵜呑みにはできない。マキャベリストとして、あらゆる言葉は政治であるとも言えるだろう。李登輝は閩南語、中国語、英語、日本語と様々な言語で語ることができたが、どの言語を用いるかによって発言内容のニュアンスが異なると聞いたことがある。私自身が確認したわけではないが、もしそうだとしたら、本気で李登輝を論じようとする場合、おそろしく手間がかかる。


  ただし、日本語を使って日本人に向けて語ること、国民党員として振る舞ってきたこと、台湾語を使って台湾の民衆に向けて話すこと。いずれかが真実で、いずれかが嘘という関係でもない。それらのすべてを引っくるめて李登輝という一人の人物なのである。そこにはやはり彼が言うところの「台湾に生まれた悲哀」が凝縮されている。簡単に理解できるものではない。いずれにせよ、李登輝の伝記を書いたら、それはまさしく台湾現代史そのものとなるはずだ。